第32回ワルシャワ映画祭インターナショナル・コンペティション部門公式出品 ヨーロッパシネマフォーラムシネルジア映画祭クリスタルアップル賞受賞 ネティア・オフカメラ2017ライジングスター賞受賞〈マックス・ヤスチシェンプスキ〉

メモリーズ・オブ・サマー

6月1日(土)より YEBISU GARDEN CINEMA / UPLINK吉祥寺ほか全国順次ロードショー

少年はあの日、遠い母の背中に夏が通り過ぎていくのを見ていた。

第32回ワルシャワ映画祭インターナショナル・コンペティション部門公式出品 ヨーロッパシネマフォーラムシネルジア映画祭クリスタルアップル賞受賞 ネティア・オフカメラ2017ライジングスター賞受賞〈マックス・ヤスチシェンプスキ〉
6月1日(土)より YEBISU GARDEN CINEMA / UPLINK吉祥寺ほか全国順次ロードショー

監督・脚本|アダム・グジンスキ

マックス・ヤスチシェンプスキ ウルシュラ・グラボフスカ ロベルト・ヴィェンツキェヴィチ

撮影|アダム・シコラ 音楽|ミハウ・ヤツァシェク 録音|ミハウ・コステルキェビッチ 衣装|ドロタ・ロケプロ 美術|グジェゴジュ・ピョントコフスキ 編集|マチェイ・パヴリンスキ
制作|マグダレナ・マリシュ プロデューサー|ウカッシュ・ジェンチョウ、ピョトル・ジェンチョウ

原題:Wspomnienie lata/2016年/ポーランド/83分/カラー/DCP
配給:マグネタイズ 配給協力:コピアポア・フィルム

  • Magnetize Inc.

INTRODUCTION

それは、ぼくが子どもでいられた最後の夏だった
甘酸っぱく、どこかなつかしい、新しい夏休み映画が誕生した

1970年代末―夏、ポーランドの小さな町で、12歳のピョトレックは新学期までの休みを母ヴィシャと過ごしている。父は外国へ出稼ぎ中。母と大の仲良しのピョトレックは、母とふたりきりの時間を存分に楽しんでいた。だがやがて母はピョトレックを家に残し毎晩出かけるようになり、ふたりの間に不穏な空気が漂い始める。一方ピョトレックは、都会からやってきた少女マイカに好意を抱くが、彼女は、町の不良青年に夢中になる。それぞれの関係に失望しながらも、自分ではどうすることもできないピョトレック。そんななか、大好きな父が帰ってくるが……。

子どもと大人の狭間で揺れる12歳の少年の目を通して描かれる、切なくも忘れられない一夏の記憶。どこかなつかしさを感じさせる70年代ポーランドの風景のなか紡がれる、新しい夏休み映画が誕生した。

映画大国ポーランドから生まれた新たな才能
端正な映像が捉えた、誰もが体験する思春期の輝きと揺らぎ

アンジェイ・ワイダ、ロマン・ポランスキー、イエジー・スコリモフスキといった巨匠たちに続き、近年、パヴェウ・パヴリコフスキ(『イーダ』『COLD WAR あの歌、2つの心』)、アグニェシュカ・スモチンスカ(『ゆれる人魚』)と次々に実力派監督を生み出すポーランド映画界において、また新たな才能が日本に紹介される。デビュー短編『ヤクプ』(97)がカンヌで絶賛されたアダム・グジンスキ監督(1970〜)が自身の体験をもとにつくりだした『メモリーズ・オブ・サマー』は、母と子を結びつける特別な絆とその崩壊を軸に、初めての恋や友情、性を取り巻く感情に戸惑う思春期の痛々しさを、切実に映し出す。
自然に囲まれた小さな田舎町を捉えた端正な映像は、ノスタルジックでありながら、常に破綻の気配を漂わせる。撮影は、スコリモフスキの『アンナと過ごした4日間』『エッセンシャル・キリング』を手がけたアダム・シコラ。また「連帯」結成前、民主化運動が高まる直前の70年末ポーランドの風景を見事に再現した本作では、当時の音楽やファッション、インテリアが、見る者の目を楽しませてくれる。少年期特有の微妙な心の揺れを、美しくもサスペンスフルに描いた傑作!

STORY

1970年代末のポーランドの小さな田舎町、夏。

12歳の少年ピョトレックは母親のヴィシャとはじまったばかりの夏休みを過ごしていた。父イェジは外国へ出稼ぎ中だが、母と息子は、石切場の池で泳ぎまわり、家ではチェスをしたり、ときにはダンスをしたりする。ふたりの間には強い絆があり、ピョトレックは楽しく夏休みを過ごしていた。だがやがてヴィシャは毎晩のように家をあけはじめる。ピョトレックは、おしゃれをし、うきうきとした母の様子に、不安な何かを感じ始める。

団地に、都会からマイカという少女がやって来る。母に連れられ、おばあちゃんの家へ遊びに来たマイカは、田舎町が気に入らないようだ。仏頂面のマイカに、ピョトレックは一目で惹かれる。やがてふたりは徐々に仲良くなり、郊外へ一緒に出かけるようになる。

母は相変わらず出かけてばかりいる。月に一度、ふたりのもとに、外国で働いている父イェジから電話がかかってくる。喜んで話をするふたりだが、「ママに何か変わったことはないか?」という父の質問に、ピョトレックは沈黙する。その様子を見ていた母は、息子に「なぜあんな真似を」と怒りをぶつける。その日から、ふたりの間には緊迫した空気が流れ始める。そんななか、大好きな父が出稼ぎから帰って来る……。

  • STAFF & CAST

    監督・脚本
    アダム・グジンスキ Adam Guziński
    1970年、ポーランドのコニンに生まれ、14歳の頃、父親の仕事の都合で中央部のピョートルクフに移る。ウッチ映画大学でヴォイチェフ・イエジー・ハスの指導を受け、短篇「Pokuszenie」(96)を発表。続いて、父親のいない少年を主人公にした短編『ヤクプ Jakub』(98)がカンヌ国際映画祭学生映画部門で最優秀映画賞を受賞したほか、数々の映画祭で賞を受賞する。本作は、2007年に東京国立近代美術館フィルムセンター(現国立映画アーカイブ)で開催された「ポーランド短篇映画選 ウッチ映画大学の軌跡」でも上映された。短篇「Antichryst」(02)を手がけた後、2006年、初の長編映画となる「Chlopiec na galopujacym koniu」を発表。作家の男とその妻、7歳の息子の静かなドラマを描いたこのモノクロ映画は、カンヌ国際映画祭のアウト・オブ・コンペティション部門に正式出品された。『メモリーズ・オブ・サマー』はグジンスキ監督にとって長編2作目となる。
    撮影
    アダム・シコラ Adam Sikora
    1960年、ポーランドのミコウフに生まれる。ウッチ映画大学で撮影を専攻し、88年に卒業。その後撮影助手として働きながら、TVドラマの撮影監督などをつとめる。94年から長編映画も手がけるようになり、98年、マグダレナ・ワザルキェヴィチュ監督「Drugi Brzeg」の撮影が高い評価を得る。その他の撮影監督を手がけた作品に、イエジー・スコリモフスキ監督『アンナと過ごした4日間』(08)『エッセンシャル・キリング』(10)、レフ・マイェフスキ監督「Wojaczek」(99)「Angelus」(00)『ブリューゲルの動く絵』(11)、ミハリーナ・オルシャンスカ主演の『私、オルガ・ヘプナロヴァ』(16、ペトル・カズダ、トマーシュ・ヴァレンレプ監督)など多数。監督としても活躍しており、「Wydalony」(10)「Autsajder」(18)といった監督作がある。
    マックス・ヤスチシェンプスキ Max Jastrzębski
    ピョトレック
    マックス・ヤスチシェンプスキ Max Jastrzębski
    2002年、ポーランドのワルシャワに生まれる。ワルシャワの小学校に通っていたときにグジンスキ監督に見いだされた。本作が俳優デビュー作となる。ネティア・オフカメラ2017ライジングスター賞受賞。
    ウルシュラ・グラボフスカ Urszula Grabowska
    母(ヴィシャ)
    ウルシュラ・グラボフスカ Urszula Grabowska
    1976年、ポーランドのミシレニツェに生まれる。映画、テレビ、舞台で活躍する女優。ナチス占領下のポーランドで偶然ユダヤ人の子どもをかくまうことになった女性を演じた、フェリックス・フォーク監督「Joanna」(10)で、イーグル賞主演女優賞、モスクワ国際映画祭女優賞など、数々の映画賞を受賞する。その他の出演作にリシャルト・ブガイスキ監督「Uklad zamkniety」(13)などがある。
    ロベルト・ヴィェンツキェヴィチ Robert Więckiewicz
    父(イェジ)
    ロベルト・ヴィェンツキェヴィチ Robert Więckiewicz
    1967年、ポーランドのノバ・ルダに生まれる。ウッチ映画大学出身。映画やテレビで多数活躍する俳優で、アグニェシュカ・ホランド監督『ソハの地下水道』(11)をはじめ、ポーランドのアカデミー賞と呼ばれるイーグル賞でたびたび男優賞にノミネート・受賞している。アンジェイ・ワイダの『ワレサ 連帯の男』(13)の演技でシカゴ国際映画祭最優秀男優賞を受賞。その他の主な出演作にユリウシュ・マフルスキ監督『ダ・ヴィンチ・プロジェクト』(04)、トマシュ・ヴィシュニェフスキ監督「Wszystko będzie dobrze」(07)などがある。

    THEATERS

    ※上映時間および詳細は、各劇場にお問い合わせください。
    劇場情報は随時更新いたします。

    東北・北海道

    宮城
    フォーラム仙台2019年7月5日〜

    関東

    東京
    YEBISU GARDEN CINEMA2019年6月1日〜
    UPLINK吉祥寺2019年6月1日〜
    神奈川
    茨城
    あまや座近日公開予定
    栃木
    宇都宮ヒカリ座2019年8月31日〜
    群馬
    前橋シネマハウス2019年6月29日〜
    高崎映画祭上映終了

    甲信越静

    長野
    シネマポイント近日公開予定

    中部・北陸

    愛知
    名古屋シネマテーク近日公開予定
    石川
    シネモンド近日公開予定

    関西

    大阪
    テアトル梅田2019年7月5日〜
    京都
    京都シネマ2019年7月13日〜
    兵庫

    中国・四国

    岡山
    広島

    九州・沖縄

    福岡
    KBCシネマ近日公開予定
    熊本
    Denkikan近日公開予定
    沖縄
    桜坂劇場近日公開予定

    NEWS

    201904/19

    <オリジナルポストカードセット付き>前売鑑賞券、発売中!OPENCLOSE

    『メモリーズ・オブ・サマー』の前売鑑賞券を、1,400円(税込)にて発売中です。
    上映劇場窓口、および下記のメイジャーのWEBサイトでお買い求めの方には、オリジナルポストカードセットをプレゼントします。(特典は数量限定となります)

    ご購入はこちらから